アルバイト先でも勤怠管理のためにタイムカードを取り入れた

私は知人に頼まれて一日数時間だけアルバイトをしています。パート勤務になるほどの勤務時間ではないので、アルバイトとなっています。大きい、小さいは関係なくどこの会社でも勤怠管理は行われていますが、その方法はまちまちでタイムカードを取り入れているところもあれば自己申告を中心に行われているところもあります。また大きな会社では、インターネットのサイトを利用しているところもあると聞きました。私がアルバイトをしているところは、バイト、パートの人達はみな自己申告制を取り入れていました。ところが時間を間違えて報告する事が多くなってきたので、きちんと管理が出来るタイムカードへの切り替えが始まりました。

もともとは過労労働を防ぐために労働時間を管理するようになったようですが、働く時間だけではなく年休日数や残業の時間数なども同時に管理出来る事から自己申告をなくすところも増えてきたようです。先日知人が持っていたICカードも管理のためのカードである事が解りました。私がよく見ていたのは社員証として使われていたものだったので、タイムカードの役割も果たすと聞いてコンピューター機器の時代になったことを痛感しました。先日いよいよ我がアルバイト先でも皆にカードが渡されました。昔から認識していた縦長の紙で出来ているようなカードではなく、テレホンカードの様な軽くて小さなカードに驚きました。カードをさす機器もパソコンの様に机の上に置いてあるもので不思議な感じがしました。珍しさも手伝って一人一人がカードをさすところを皆で見ていた位です。

これからは機械で管理されるようになります。今まで口頭で伝えていた出勤時間を手書きで記録していた様子は見られなくなりました。こじんまりとした会社で和気あいあいとやっていたのですが、何となく会社員になった気分になりました。残業のやりすぎや手当不足、働き過ぎを見つけてもらう事が出来る半面、いい加減な仕事は出来ないと思いました。カードを取り入れてから遅刻者が少なくなったのは気のせいかもしれませんが、確かに皆時間通りに仕事を始められるようになりました。会社側は決められた時間通りの出社を願い、働く方は時間通りの賃金を間違えなく頂けるという両方にいいメリットがあり喜んでいます。管理する側は合理的で時間をかけずに処理が出来るのが良いようです。カードを使用してからどんなデータが現われるか自分でも確認してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です