エクセルで勤怠管理ってできるのかなって思います

私が会社に行っていたころは、このエクセルっていうのがすごくいいソフトだったんですよね。文字を打つのは、ちょっと厄介な事もあるんですが、ちょっとした表計算とか、グラフを作ったり、表を作ったりっていうのは本当に役に立っていたんですよね。それまでは、パソコンっていうものはちょっと縁遠いっていうものだったんですが、このエクセルだけは面白かったです。表での管理っていうのは、すごくよかったですね。これで、色んな式とかも入れて、表を作っていくのは楽しかったですね。なんで、エクセルで勤怠管理っていうのもできないっていうのではないでしょうね。ただ、そのデータを打ち込むのか、それかIDとかかからの勤務の時間とか休みとかの情報がすぐにおくれるようなシステムができてるのかっていうのに、作業の効率っていうのはかなり変わってくるでしょうね。データを打ち込むっていう作業になると、かなり大変なことになるので、データが転送されて、きちんとしたフォーマットに簡単にうつっていくっていうのになったら、それはすごく楽ではないかと、思います。これで、表計算とかのシステムがつかえるので、簡単に、勤務の状況とかっていうのもわかるようになるんではないかと思います。最近は、そういうソフトもあるとは思うのですが、そういうのは、一つの部署しか扱うことができないっていうのもあるでしょうし、各部署で、そういうのを把握しようって思ったら、みんなが親しんでいるエクセルを使うのがいいでしょうね。裏をかえせば誰でも、操作ができるっていうのはあるかもしれないですが、大本のデータっていうのは、この勤務のことを扱う部署が管理していて、データとしては貸し出しっていう形をとったら、大丈夫でしょうね。勤務時間の超過とか、有給を取得しましょうとかを促すっていうのも、上司のつとめではあるとは思います。なんで、そういうのを簡単に、扱えるのなら、エクセルがいいんではないかと思います。いろいろと加工っていうこともできるので、それはそれで、部署ごとの個性っていうのがでていいだろうなって思います。もしこれを勤務の管理に使うって言うのであれば、そういう仕事ないようの職があるとしたら、募集に参加してみたいなって思います。思いっきりエクセルの力を発揮して、いろいろ多方面からのアドバイスっていうのもできるんではないかと思います。ポピュラーなソフトのほうがいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です