エクセルで勤怠管理方法は、簡単なようで意外に難しいです。

エクセルで勤怠管理方法は、簡単と思っている方も多いはずです。エクセルの関数を使えば、意外に簡単と思っている方が、じゃ計算してエクセルで、勤怠管理方法をやってみると、意外にこれが難しいです。会社でも多くの場合、すでにある形式に当てはめて、時間を入力して敷く方法が一般的です。簡単と思えるのは、このデータが作られて、数字つまり、時間を入力作業するだけの場合です。もっと、初歩的なことを言えば、時間を入力する方法さえ、難しいです。初心者にとっては、数字でなく、時間を入力して、時間で計算する。つまり、時間を引き算するのは、なかなか思うように行かない物です。それに、時間の中には、休憩時間が入っています。

会社によれば、8時間勤務なら、1時間の休憩を取るようになっていますが、労働基準法では、8時間勤務なら休憩時間は、45分と決まっています。もちろん、最低の時間です。労働時間が、8時間を越えたなら、はじめて休憩時間が1時間になります。意外に知らない方も多いです。最低ですから、企業によっては、8時間勤務でも、1時間の休憩時間を採用しているところもあります。労働者に有利な場合は問題はありません。ただ、エクセルで勤怠管理方法する場合、パートやアルバイトによって、契約時間が違います。つまり、休憩時間も分かるわけです。労働時間が、6時間を越えた場合には、45分の休憩時間が必要になります。しかし、6時間未満の労働には、基本的に休憩時間がありません。それが、法律の建前です。

ところが、勤務が忙しくて、残業が必要ななった場合には、契約時間が6時間未満のパートやアルバイトにも、休憩時間が必要になります。そんな場合は、いつもはないはずに休憩時間を労働時間から引かないといけません。当然の事です。しかし、こうした労働条件に合うように、エクセルで勤怠管理方法する方法は、意外に複雑です。時間の表記に関しても、なかなか難しいです。セルの形式の中から、時間を選択しないと、時間の表記はされません。また、エクセル関数を使って、IFというもしと言う考え方が、必要になります。もし、労働時間が6時間を越えたなら、45分の休憩時間を勤務時間から引きなさいと指示するわけです。ただ、6時間を越えたら、すべて45分引くのでなく、労働時間かが8時間を越えたら、すべて60分を労働時間から引かないといけません。つまり、もし労働時間が、6時間を越えて8時間未満なら、45分の休憩時間が必要です。こうした、もしを使った計算式を組み入れないと、エクセルで勤怠管理方法を利用することは出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*